Welcome to Dr.Tetsuo Hatanaka's Laboratory,
Faculty of Sociology Dep. Ryukoku Univ.

HATANAKA, Tetsuo
Tetsuo Hatanaka

お知らせ

Journalismmoraldilemma_obishoei21_2
『ジャーナリズムの道徳的ジレンマ』、好評発売中です。

報道倫理のグレーゾーンに潜む20の難問を再考するジャーナリズムの新しいケースブックです。

 ……取材先でセクハラに遭ったら? 
 ……被害者が匿名報道を望んだら? 
 ……取材先で“ギャラ”を求められたら? 
 ……被災地に記者が殺到してきたら? 
 ……原発事故で記者は逃げていい? 

こうした計20の難問を〈思考実験〉→〈異論対論〉→〈実際の事例と考察〉の順番に検討していきます。

第一線の記者やディレクター、ジャーナリスト志望の学生、報道関係者と付き合いのあるビジネスマン、メディア企業の人事や教育担当者のみなさんに向けて書きました。ひとりで読むのもいいですが、メディアに関する勉強会やワークショップ、哲学カフェにも使えると思います。

私は大学の講義で教科書に指定しています。ほかにも、現役記者たちの自主的な研究会をはじめ、記者志望の大学生たちの勉強会やゼミでも使われています。

単行本: 246ページ
出版社: 勁草書房 (2018/8/31)
ISBN-10: 4326603070
ISBN-13: 978-4326603077
発売日: 2018/8/31

近 況

  • 龍谷大学人権研究委員会(事務局・宗教部)の2019年度研究プロジェクトに採択された調査を進めます。共同研究者は同僚の藤田悟教授と報道写真家の中山和弘氏です。
  • 2019年度から教授になりました。
  • ウェブ連載「ジャーナリズムの道徳的ジレンマ」で21本目の記事を書きました。「〈CASE 21〉両論併記をうまく使うための注意点」です。
  • 新聞労連「小規模紙・地域紙労組 共闘会議」(2019年3月30日〜31日@沖縄県宮古島市)で、「小さな新聞の大きな役割」と題して講演しました。宮古新報社と宮古毎日新聞社のみなさん、お世話になりました。
  • 紀要論文「ジャーナリストのアイデンティティと立場性:沖縄2紙で働く本土出身記者の聞き取りから」が龍谷大学の図書館の書誌情報に登録されました。
  • 2019年度も龍谷エクステンションセンターの公開講座(REC講座)で「メディアの倫理〜取材現場の難問を考える」を開講する予定です。前年度までの「ジャーナリズムの道徳的ジレンマ」を下地にした内容で、全4回です。
  • 『龍谷大学社会学部紀要』53号に「ジャーナリストのアイデンティティと立場性:沖縄2紙で働く本土出身記者の聞き取りから」を書きました。
  • 2017年度から地元で体育振興委員を仰せつかっています。2018年の秋の運動会がんばりました。
  • 2017年から龍谷エクステンションセンターの公開講座(REC講座)で「ジャーナリズムの道徳的ジレンマ」を担当しています。社会人の受講生はさまざまなキャリアをお持ちで、わたしが刺激をもらっています。
  • 朝日新聞ジャーナリスト学校の月刊『Journalism』2017年12月〜2018年3月の「記者講座」で4回連載しました。体裁としては新人記者に向けて書きましたが、本当読んでほしいのは中間管理職以上の、記者教育を担当している人たちです。1本目, 2本目, 3本目, 4本目
  • 2016年から勁草書房編集者サイト・けいそうビブリオフィルでの連載「ジャーナリズムの道徳的ジレンマ」を連載しています。連載した記事の一部が単行本になりました。単行本とは別に不定期ながら連載も続けています。
  • 講義とゼミ @ 龍谷大学社会学部/大学院社会学研究科

    ●現代ニュース論T
    1〜4年生対象。授業の前半はスマートフォンを用いてニュースの検索・解説・討議をします。後半はメディア産業やマスコミュニケーションについて学びます。時事問題を考える上で参考になる映画の予告やお勧め本の紹介もします。
    ●現代ニュース論U
    1〜4年生対象。内外の優れた映像報道やドキュメンタリー作品の鑑賞と討議をします。鑑賞した作品についてのレポートが求められます。授業の前半はジャーナリズム論を学びます。
    ●メディアと倫理
    1〜4年生対象。教科書『ジャーナリズムの道徳的ジレンマ』を使ってグループディスカッションをおこないます。出席・発言・レポートが重視されます。
    ●参画ゼミナール
    3年生対象。卒業研究のための少人数ゼミ。調査・研究の基礎を学び、学術的アプローチへの理解を深めます。
    ●参画ゼミナール
    4年生対象。卒業研究のための少人数ゼミ。卒業研究を進める。学生生活の集大成と言える論文を執筆します。
    ●龍大ラジオタックル(コミュニティマネジメント実習)
    2年生以上対象。毎月1回30分番組を制作し、コミュニティ放送局・京都三条ラジオカフェからオンエアします。
    ●上越メディア実習(コミュニティマネジメント実習)
    2年生以上対象。新潟県上越市の上越タイムスとくびき野NPOサポートセンターからの協力を得て取材やメディアを用いたまちづくりを体験します。
    ●地域メディア研究
    大学院生対象。古典文献の購読とディスカッション。購読文献は年度によって異なります。
    ●アカデミックライティング
    大学院生対象。論文の読み方と書き方のトレーニングをおこないます。

    プロフィール

    畑仲哲雄(はたなか・てつお)は龍谷大学社会学部コミュニティマネジメント学科教員です。約25年にわたり毎日新聞、日経トレンディ、共同通信の各メディアで記者やデスクとして勤務し、現在はマスメディアやジャーナリズム、時事問題に関する授業を担当しています。調査・研究・コラム執筆・インタビュー・講演…… 基本的に可能な限り請け負っています。連絡先はhatanaka.tetsuo@gmail.comです。
    所属
    龍谷大学 社会学部 教授
    職歴
    1985〜1989 毎日新聞記者(広島、京都、大阪社会部)
    1990〜1991 日経トレンディ編集記者
    1991〜2011 共同通信記者(東京経済部、大阪ラジオテレビ報道部、社長室デジタル戦略チームほか)
    2010前 成城大学非常勤講師(ジャーナリズム論)
    2012後 東京都市大学非常勤講師(社会学2)
    2012集 北陸先端科学技術大学院大学非常勤講師(メディア論)
    2013集 北陸先端科学技術大学院大学非常勤講師(メディア論)
    2014集 北陸先端科学技術大学院大学非常勤講師(メディア論)
    学歴
    1980.4〜1985.3 関西大学 法学部 政治学科[法学士]
    2004.4〜2007.3 東京大学大学院 学際情報学府 修士課程[修士(社会情報学)]
    2007.4〜2013.3 東京大学大学院 学際情報学府 博士課程[博士(社会情報学)]
    ・修士学位論文「新聞の脱構築と再構成 : 神奈川、鹿児島、滋賀の事例を中心に」(2007)
    ・博士学位論文「ジャーナリズムにおける<地域>という立脚点 : 地域紙とNPOの「協働」に関する事例研究」(2013)東京大学 甲29634号 2013.03.25>〔要旨〕
    学位
    博士(社会情報学)(東京大学)
    専門
    ジャーナリズム
    受賞
    2015年 第5回内川芳美記念マス・コミュニケーション学会賞
    研究
    関心領域はマスメディアとジャーナリズムです。東京大学大学院学際情報学府ではコミュニティに根付く小さなメディアの存在理由を政治哲学や社会思想を援用しながら考えてきました。修士時代に対象としたのは、神奈川新聞「カナロコ」と廃刊した「みんなの滋賀新聞」「鹿児島新報」です。
    博士課程では 1)くびき野NPOサポートセンターと上越タイムス社による営利/非営利組織のメディア実践活動をめぐる研究、2)ソーシャルメディアを導入する地方紙のコミュニカティブなジャーナリズムに関する調査に取り組みました。また、3)情報学環の公開研究会「メディア研究のつどい」(電通コミュニケーション・ダイナミクス寄付講座)のプロジェクトリーダーも務めていました(過去形)。
    関心領域キーワード
    ジャーナリズム(規範,倫理,正義,自由,民主主義)
    市民社会(シティズンシップ,自律,アドボカシー,協働,コミュニティ,善隣性)
    思想・哲学(共通善,公共性,美徳,コミュニタリアニズム)

    著 作(単行本と論文)

  • 《単 著》

    『ジャーナリズムの道徳的ジレンマ』(勁草書房,2018)

  • 《単 著》

    『地域ジャーナリズム: コミュニティとメディアを結びなおす』(勁草書房,2014)

  • 《単 著》

    『新聞再生:コミュニティからの挑戦』(平凡社,2008,210頁)

  • 《共 著》

    照屋寛之・萩野寛雄・中野晃一編著『危機の時代と「知」の挑戦(上)』第4章「国家に馴致されないメディアの必要――ジャーナリズムに地域主義を」論創社、2018年4月

  • 《共 著》

    李相哲編著 『日中韓メディアの衝突:新聞・テレビ報道とネットがつなぐ三国関係 (龍谷大学国際社会文化研究所叢書)』 第3章 「日本の政治システムとメディア産業」 ミネルヴァ書房, 2017年3月

  • 《共 著》

    田中秀幸編著『地域づくりのコミュニケーション研究:まちの価値を創造するために』3章「新聞社とNPOの持続可能な協働の条件とは:新潟・上越地域における地域紙の事例から」(ミネルヴァ書房,2017)

  • 《共 著》

    菊池理夫・有賀誠・田上孝一編著『政府の政治理論:思想と現実』第13章「ジャーナリズムと政府」(晃洋書房, 2017)

  • 《共 著》

    松浦さと子編著『日本のコミュニティ放送:理想と現実の間で』第3章「コミュニティ放送にジャーナリズムは必要か」(晃洋書房, 2017)

  • 《共 著》

    小林正弥・菊池理夫共編著『コミュニタリアニズムのフロンティア』10章「パブリック・ジャーナリズム」(勁草書房,2012)

  • 《分担執筆》

    武田徹・藤田真文・山田健太監修 『現代ジャーナリズム事典』 「シビック・ジャーナリズム」「編集権」「編集権声明」「マニフェスト」「プロパブリカ」「キャンペーン」 の各項目、三省堂, 2014年6月

  • 《論文》

    「ジャーナリストのアイデンティティと立場性:沖縄2紙で働く本土出身記者の聞き取りから」『龍谷大学社会学部紀要』(53), 45−57, 2018

  • 《査読論文》

    「「地域ジャーナリズム」という事業−SNSに取り組んだ地方紙7社への調査から」 共著者・林香里, 杉本星子編『情報化時代のローカル・コミュニティ―ICTを活用した地域ネットワークの構築』国立民族学博物館調査報告 106: 147−177, 2012

  • 《論 文》

    「米国に広がるハイパーローカルは ジャーナリズムの将来を担うか」『Journalism』(255), 朝日新聞社ジャーナリスト学校, 2011

  • 《査読論文》

    「『編集権』からNPO『協働』へ−あるローカル新聞の市民参加実践」『東京大学大学院情報学環紀要 情報学研究』(79),2010

  • 《小説》

    『スレイヴ−パソコン音痴のカメイ課長が電脳作家になる物語』(ポット出版,1998,220頁)