Tetsuo Hatanaka's news and musings on 
how we can engage citizens and
improve journalism.

HATANAKA, Tetsuo
Tetsuo Hatanaka

notabilia

このウェブサイトは、毎日新聞、日経トレンディ、共同通信の各メディアでジャーナリストとして働いた後、龍谷大学社会学部准教授に就いた畑仲哲雄が個人で運営しています。マスメディアやジャーナリズムに関心のある学生や研究者,教育者,出版社,NPO関係者の方は気軽にお声がけください。調査,研究,エッセー執筆,インタビュー,講演……よろず請け負います。連絡先はhatanaka.tetsuo@gmail.comです。

Series [ジャーナリズムの道徳的ジレンマ]

about author

学位
博士(社会情報学・東京大学)
所属
龍谷大学社会学部コミュニティマネジメント学科・大学院社会学研究科准教授, 財団法人国際平和協会主任研究員
職歴
1985〜1989 毎日新聞記者(大阪社会部ほか)
1990〜1991 日経トレンディ編集記者
1991〜2011 共同通信記者(東京経済部、社長室デジタル戦略チームほか)
2010前 成城大学非常勤講師(ジャーナリズム論)
2012後 東京都市大学非常勤講師(社会学2)
2012集 北陸先端科学技術大学院大学非常勤講師(メディア論)
2013集 北陸先端科学技術大学院大学非常勤講師(メディア論)
2014集 北陸先端科学技術大学院大学非常勤講師(メディア論)
学歴
1980.4〜1985.3 関西大学 法学部 政治学科[法学士]
2004.4〜2007.3 東京大学大学院 学際情報学府 修士課程[修士(社会情報学)]
2007.4〜2013.3 東京大学大学院 学際情報学府 博士課程[博士(社会情報学)]
・修士学位論文「新聞の脱構築と再構成 : 神奈川、鹿児島、滋賀の事例を中心に」(2007)
・博士学位論文「ジャーナリズムにおける<地域>という立脚点 : 地域紙とNPOの「協働」に関する事例研究」(2013)東京大学 甲29634号 2013.03.25
専門
ジャーナリズム
受賞
2015年 第5回内川芳美記念マス・コミュニケーション学会賞
研究

関心領域はマスメディアとジャーナリズムです。東京大学大学院学際情報学府ではコミュニティに根付く小さなメディアの存在理由を政治哲学や社会思想を援用しながら考えてきました。修士時代に対象としたのは、神奈川新聞「カナロコ」と廃刊した「みんなの滋賀新聞」「鹿児島新報」です。

博士課程では 1)くびき野NPOサポートセンターと上越タイムス社による営利/非営利組織のメディア実践活動をめぐる研究、2)ソーシャルメディアを導入する地方紙のコミュニカティブなジャーナリズムに関する調査に取り組みました。また、3)情報学環の公開研究会「メディア研究のつどい」(電通コミュニケーション・ダイナミクス寄付講座)のプロジェクトリーダーも務めていました(過去形)。

最近は、勁草書房編集部HPで「ジャーナリズムの道徳的ジレンマ」と題した連載を始めています。

関心領域キーワード
ジャーナリズム(規範,権力,公共性,自由,自律,民主主義,メディア)
市民社会(アドボカシー,NPO,協働,コミュニティ,ヒエラルキー,善隣性)
思想・哲学(共通善,公共性,civic virtue,コミュニタリアニズム,徳倫理)
  • 《単著》

    『地域ジャーナリズム: コミュニティとメディアを結びなおす』(勁草書房,2014)第5回内川芳美記念マス・コミュニケーション学会賞受賞

  • 《単著》

    『新聞再生:コミュニティからの挑戦』(平凡社,2008,210頁)

  • 《共著》

    田中秀幸編著『地域づくりのコミュニケーション研究:まちの価値を創造するために』3章「新聞社とNPOの持続可能な協働の条件とは:新潟・上越地域における地域紙の事例から」(ミネルヴァ書房,2017)

  • 《共著》

    小林正弥・菊池理夫共編著『コミュニタリアニズムのフロンティア』10章「パブリック・ジャーナリズム」(勁草書房,2012)

  • 《査読論文》

    「地域ジャーナリズム」という事業−SNSに取り組んだ地方紙7社への調査から, 共著者・林香里,杉本星子編『情報化時代のローカル・コミュニティ―ICTを活用した地域ネットワークの構築』国立民族学博物館調査報告 106:147−177, 2012

  • 《論文》

    「米国に広がるハイパーローカルは ジャーナリズムの将来を担うか」『Journalism』(255),朝日新聞社ジャーナリスト学校,2011

  • 《査読論文》

    「『編集権』からNPO『協働』へ−あるローカル新聞の市民参加実践」『東京大学大学院情報学環紀要 情報学研究』(79),2010

  • 《小説》

    『スレイヴ−パソコン音痴のカメイ課長が電脳作家になる物語』(ポット出版,1998,220頁)

  • Academic Supervisor